« おかげさまで第3弾! | トップページ | メッセージ »

2008年2月 2日 (土曜日)

Profile

前田健治  KENJI MAEDA PIANIST

大分県大分市出身。8歳よりピアノを始める。

大分県立緑丘高等学校音楽科、

大分県立芸術文化短期大学音楽科、

東京藝術大学音楽学部器楽科、

それぞれピアノ専攻をすべて首席で卒業し、

藝大卒業時に安宅賞、アカンサス音楽賞を受賞する。

同大学院修士課程ピアノ専攻を首席で修了し、

クロイツァー賞を受賞する。

天野頼子、田中星治、梅林真美子、笠間春子、故・園田高弘、

故・ハリーナ・ツェルニー=ステファンスカ、

エリカ・ディヒラー、青柳晋の各氏に師事。

バロックから近・現代へと幅広い演奏のレパートリーに加え、

武満徹、O.メシアンの曲を生涯をかけて追求し、

また奏者として第一人者でもある。

故郷大分をこよなく愛し、心のよりどころとするものの、

世界に向け幅広い演奏活動を行う新進気鋭のピアニストである。

元東京藝術大学非常勤講師、現国立音楽大学非常勤講師、

Y.A.ミュージックアカデミー(東京)講師として

後進の指導に携わる傍ら、

ソロ・室内楽・伴奏・CM出演など幅広く活動を行っている。

♪受賞・活動歴♪

1994年

第18回ピティナピアノコンペティションE級全国決勝大会奨励賞。

1995年

第49回全日本学生音楽コンクール福岡大会高校の部第2位。

1998年

第1回別府アルゲリッチ音楽祭大分県出身若手演奏家コンサートに出演。

1999年

第69回読売新人演奏会に出演。

1999年

第15回記念園田高弘賞ピアノコンクール大分県知事賞(第2位)

及び大分県知事奨励賞を受賞。                                               

2001年

キングインターナショナルより

「お雇い外国人の見た日本というタイトルでCDをリリース(世界初録音)

(好評の内に販売は終了いたしました)

2003年

皇居内の桃華楽堂演奏会に出演。

第48回西日本出身新人演奏会にて西日本音楽協会賞を受賞。

(第1位)及び福岡県教育委員会賞を受賞。

第72回日本音楽コンクールピアノ部門入選。

藝大主催プロコフィエフ没後50周年記念連続演奏会に出演。

2005年

第2回エリカ・ディヒラープライズ西日本ピアノコンクール第1位。

副賞としてウィーンへ短期派遣、エリカ・ディヒラー女史より

薫陶を受ける。

2005年

第15回ショパン国際ピアノコンクールエントリー出場。(ワルシャワ)

2006年

クロイツァー賞受賞演奏会に出演。

2007年

園田高弘先生メモリアル完成記念演奏会にて

九州交響楽団とベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を共演。

イタリアで開催された

第5回パドヴァ国際音楽コンクールピアノ部門にてディプロマ取得。

2008年

ビジョンクラシックより

「ヒーリングノクターン」というタイトルでCDをリリース。

 藝大プロジェクト’

08メシアン生誕100年レクチャー&コンサートに出演。

2009年

「武満徹展」と題して、日・韓のアーティストと共に

武満徹のピアノ・声楽曲に書・映像・朗読を加えた演奏会を行う。

(旧東京音楽学校奏楽堂にて)

2010年

ビジョンクラシックより二作目となるCD「響」をリリース

ショパン生誕200年記念コンサート

「ショパンとポーランドの魂~カンティレーナの調べ」に出演

またこれまでに社団法人日本演奏連盟主催によるリサイタル、

日本ピアノ調律師協会九州支部主催によるリサイタル、

耀の会コスモスグループ主催によるリサイタル、

東京藝術大学表参道フレッシュコンサートvol.3、(リサイタル)に出演

2011年

「デビューコンサート・シリーズvol.55」に出演(リサイタル)

(旧東京音楽学校奏楽堂にて)

その他  ポーランドクラクフ室内管弦楽団、 チェコフィルハーモニー

室内管弦楽団、九州交響楽団、藝大フィルハーモニー、

大分チェンバーオーケストラと共演。

|

« おかげさまで第3弾! | トップページ | メッセージ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。